スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.富士ヒルクライム・・・

Mt.富士ヒルクライム
5,000人以上が参加する日本最大級のヒルクライム。自分も毎年参加しています。10回記念となる2013年大会は、規模を拡大し、様々な記念イベントを予定しているとのこと。
Twitterでちらほら散見するのが、MTBクラスがなくなったとか、参加費が値上がりしてるとか。まあお構いなしにエントリー競争は熾烈を極めるであろうこの大会。
どうやら今年からはFUNRIDE誌定期購読者が優先的にエントリーできるらしく、購読してない自分はますます不利。

ここ3年の結果が、
1:07:10(2010)
1:06:21(2011)
1:05:04(2012)
とタイムを縮めてきて、一つの区切りとなる5分ぎり、あと5秒を縮めようと意気込んでいるところではある。5分をきるとゴールドクラスとなり、これは参加者全体でも十数人しかいない難関。

この大会に思い入れがあるのははじめて参加した自転車レースということもあり、毎年参加して力を測るバロメーターとしていたのもある。5分ぎりを達成してヒルクライムに一区切りをつけたいという気持ちもある。
ヒルクライムに関しては、どうせやるなら本気でやりたいという気持ちが強くでてしまい、どうしても自転車に入れ込んだトレーニングをしてしまいそうな感が否めないところが問題。

もちろんそれが悪いわけではないけど、IRONMANを最大目標としている以上、伸びしろが少ないBIKEよりやるべきはSWIMであり、RUNである。
競技時間の最も長いBIKEをなめているつもりはないけど、腕、脚が止まってしまったらジ・エンドとなるSWIM、RUNが自分としては圧倒的に優先順位が高い。
三種のうち好きな種目に偏ったトレーニングは完走を危うくしてしまう恐れすらあるだろう。そのへんのバランスの見極めが大事なのは間違いない。

それがわかるだけに、今年の富士HCは見送ろうと思っている。
一般のエントリーが3/29金曜日の夜8時らしく仕事の真っ最中ではそもそもエントリーできないという問題と前日受付必須なのでチームメイトの誰かに代理受付してもらわないといけない問題もあり…

一つひっかかっているのは、「2年連続出場者の中から総合上位100名が、第1ウェイブからスタート」これである。
去年はたしか総合17位だったので今年は第1ウェイブから出走できる権利があるものの、一度出場しないことでこの権利を逃したら最後、永遠に出る気を喪失する感が否めない。
う~む。うまい具合に毎年参加しないといけないシステムになっておる。このルールがゆえに実力者なのに新規で出場する気をなくしてしまう人は多いだろうな。
なんとも残念だがエントリーできないのでは致しかたない。。。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

Pさんも今年は見送りですか…クマーの恒例イベントでしたが、大会の運営も変わってきてレースというよりすっかりお祭りイベントになってきましたよね。主催者もこの部分は承知しているようで、どんなに強い人でも前年参加していない人は第3ウェーブ以降のスタートというルールは変えるつもりはないみたいです(>_<) やはりレースは同じスタートラインにたって直接対決できるから面白いのであって、自分はもう魅力を感じなくなってしまいました。本気でレースしたい人は乗鞍に行けってことですかね…

コメントありがとうございます。

>KOさん
クマー恒例イベントだっただけに残念もひとしお。お祭りイベントでもいいので実力別にしっかり分けてほしいものですね。。。第3ウェーブで前の詰まりを縫って走るのはそれだけでストレス大ですから。
プロフィール

PMA

Author:PMA
I am an Ironman!
LOVE 茅ヶ崎 MINI

トレーニング指導士、ジョギングインストラクター
Twitter @PMA_bearbell

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
リンク
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。