スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士登山競走 試走

ウルトラマラソン100kmに続くセルフチャレンジ第2弾。
7/26富士登山競走に出場します。
麓の富士吉田市役所~山頂を4時間30分の制限時間内に走りぬきます。完走率も4割ほどと低く、完走するだけで勲章もののこの大会。果たして完走できるのか?

これほど試走が必要なレースもないでしょう。高所順応も兼ねて7/11(木)に試走に行ってきました。

深夜2時40分頃家を出て本番コーススタートの富士吉田市役所に到着したのが4時40分頃。
IMG_0531_convert_20130713123045.jpg
歴代の優勝者が刻まれたプレート。威光を放っています。

今回の試走は一合目の馬返しからとしました。市役所から走り始めると往復で42kmほどとなってしまい、3,000mの標高を一気に駆け上がるフルマラソンの距離は危険だろうと自重しました。正解だったと思っています。初めての方は市役所からやらないことをおすすめします。
*後から思えば五合目からバスで下ってくる手段をとればフルコースの試走もできたな~と。
馬返しまで本番コースを車で走り、途中浅間神社でお参りなどしてスタートは5時40分。馬返しで体操をして身体を慣らします。突然走り始めるのも高山病の一要因となります。

シューズは山のターサーとも言われるASICSのGEL FUJI
半そでのバイクジャージ+インナー、短パンに160ml×2+500mlの飲料、パワージェル4個、パワーバー2個、グミなどを補給食として携帯(こんなに要らなかった)。ウインドブレーカーも入れて小さめのリュックを背負ったいでたち。日焼け止めもばっちり塗りたくって、さらに首元を日焼けから守るためにバンダナをサンバイザーに着けていきました。

時間帯もあるのかもしれませんが、駐車場には4台ほどしか車はとまっておらず、一合目~五合目あたりまでは人っ子一人会いません。完全なる単独走。いや、走というか早歩き。歩いたり走ったりの繰り返しです。いかに歩くかがこのレースのポイントな気がします。

六合目あたりで一般登山客と合流してからも渋滞になるほどの混雑はなく、一部遠足の中学生の大集団にはまったのを除けばマイペースで登れました。
IMG_0547_convert_20130713123502.jpg
足で登るというより全体を駆使して上るので腹筋と腕力もかなり酷使します。岩場は軍手も必須です。転んだときに素手では大怪我しますし。このレースで問われるのは単なる脚力にあらずです。心拍数は低めなれどさすがに3,200mも超えると息苦しくなってきて軽く頭痛を感じました。

IMG_0549_convert_20130713123151.jpg
途中とまって写真を撮ったり、メールしたり、八合目ではペットボトルを買ったり(500円!)の休憩込みで3時間12分でした。
IMG_0550_convert_20130713123252.jpg
本日未走区間の市役所~馬返しは60分目安で見ているため、4時間30分の制限時間内完走に光明がみえました。
といっても、当日のコンディションでどうなるかはまったくわかりません。さすがに甘くないです。

山頂ではお守りを買ったり、15分ほどうだうだしているとさすがに寒くなりウインドブレーカーを着用。
下り始めるとすぐに暑くなって脱ぎましたが、これは必需品ですね。
山頂でLTEが入るようになってました。やるなソフトバンク。

IMG_0554_convert_20130713123428.jpg
一合目から登ってきましたと言うと「キ○ガイ」だと呆れられました。外人さんからも「クレイジー」とw

下山途中、明らかに富士登山競争の出場者だろうなという方と一緒になり、六合目まで一緒に話しながら下りました。この方、ハセツネをはじめとして経験豊富なトレイルランナーということで下りの速さが半端じゃない。心拍数160以上で下っているのについていくのにしんどかったです。下りが脚に与える衝撃はすさまじく、途中でトイレ休憩も兼ねて離脱。この方、この後職場で会議だそうです。タフだな(--;)…
トイレも有料200円です。試走の際は小銭の用意を予めしておくいたほうがいいでしょう。
IMG_0560_convert_20130713123326.jpg
このレースのすさまじさを感じさせるようにシューズがぼろぼろになってました。一回でこんなに靴って消耗するんだと驚きです。捻挫の危険もつきまとうし、万一のシューズ補修用にテーピングテープも用意しておいたほうがいいように感じました。
それから、できれば靴下は黒がいいですね。シャツも含め、まず汚れは落ちないです。

下りの時間は2時間ほど。休憩込みで5時間30分ほどで往復している計算。はじめて富士登山したときは須走口五合目からの往復で10時間以上かけてもかなりしんどかった記憶があるので成長を感じて嬉しくなります。

そういや・・・ 入山料ってどこで取ってるんだろ?払う気まんまんでお金用意してましたが、払いそびれました。まだ準備できてないのかな?

富士急ハイランド隣接のふじやま温泉で汗を流し、食事、仮眠して、アウトレットで買い物して19時帰宅。

本番まであと2週間。
この試走から二日経ちましたが筋肉痛がひどいです。フルマラソンのレース後でもここまではないくらい。これから先にもがきすぎると疲労を残したままのレース突入となりかねないので考えものですが、あと一本なにか山対策をやっておきたいところです。せめてもう少し体重落としたいな。このレースでの重量はかなりハンデになります。さすがは「日本一くだらない(下らない)レース」といったところ。

よい試走となりました。
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

PMA

Author:PMA
I am an Ironman!
LOVE 茅ヶ崎 MINI

トレーニング指導士、ジョギングインストラクター
Twitter @PMA_bearbell

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
リンク
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。