スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤビツRUN 富士登山競走対策

5日前に富士登山競走の試走を行いましたが、今回スタート地点の市役所から一合目付近の馬返しのロード(舗装)は未走区間でした(市役所から全行程一気に走ると往復42km近くなるため自重した)。
舗装区間で勾配も緩いと侮るなかれ、馬返し以降はまともに走ったり抜き差ししづらくなるため馬返しまでをいかに速く駆け抜けるかで完走の成否に大きくかかわってくるわけです。
人によっては「馬返しまでで全力使い果たすイメージで」なんていうくらい重要な区間といえます。馬返しの通過が60分が安全な完走の目安。70分でボーダーラインなんて言葉も聞きます。
市役所から馬返し区間は距離11km弱の標高差約600m。馬返しの直前が12%ほどの勾配ときつく心拍はMAXの状態で駆け抜け登山区間に繋げるわけで、これは練習をしておきたいところです。

このコースレイアウト。自転車乗りならぴんとくるところですが、神奈川県の自転車乗りの聖地「ヤビツ峠」の藤棚コンビニからの距離10.2km、標高差606mになんとも似通っています。

これはやらないわけにはいかないでしょう。
自転車では何度も登っていますが、RUNでの登坂ははじめてです。
藤棚まで自転車で行き、コンビニで買い物をして停め置きさせてもらい走り始めます。
一番勾配がきついのは蓑毛の坂。レイアウトを知っている安心感もあって途中でだれずにわりとうまく走れた気がします。


54:03 5:30/km 165/181bpm
LAP1:藤棚~菜の花台 36:42 5:30/km 161bpm
LAP2:菜の花台~ヤビツ峠 17:20 5:29/km 173bpm

この感じで行ければ本番でも馬返しまで60分以内はクリアできそうです。
55分以内の通過なら完走はかなり固くなるとのデータもあるようでそこを目指していきたいところですが、そのあとに一合目から山頂までを登るのだからなんともキツイレースになりそうです。
今年は一般登山客の増加もあって例年通りにはいかないかもしれないし…

下山は蓑毛までのハイキングコースをトレラン。
yabiturun002_convert_20130717110045.jpg

途中小川で顔を洗ったり、
yabiturun003_convert_20130717110111.jpg

犬に遭遇したり…
yabiturun004_convert_20130717110138.jpg

普段では気づかないヤビツを満喫できました。

帰宅後は茅ヶ崎の「ヴォーノ・イタリア」でイタリアンの食べ放題。動けなくなるまで喰うw
ここはハーゲンダッツのアイスが食べ放題といううれしいお店です。
減量もしたほうが間違いなくいいんだけど、どうも減量はできません(><) 
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

PMA

Author:PMA
I am an Ironman!
LOVE 茅ヶ崎 MINI

トレーニング指導士、ジョギングインストラクター
Twitter @PMA_bearbell

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
リンク
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。