スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I am an Ironman!

「today is your IRONMAN day!」
SWIMスタートを待つ5:30頃、きれいな朝日が昇るのをみながら、司会のウィット・レイモンドさんの名調子で長い一日が幕を開けた。そうだ、今日はIronmanになる日なんだ。じんわり心に染みいる言葉についつい感傷的になる。
このために8年もの歳月を費やしてきた。そんな風にいうとかっこよく聞こえるけど、実際は8年前にIronmanを意識したというだけで、なれるわけがない→なれるといいなあ→なれるかもしれない→きっとできる!と段階を踏んでコツコツ歩んできた感じで当初はとてもできるわけがないと思っていた。
トライアスロンをやるようになってまだ2年目、3戦目ではあるけど、それぞれの種目は長い長いトレーニングを積んできたという自信をもって当日を迎えられたのが妙に感慨深かった。
SWIM3.8km BIKE180.2km RUN42.2kmという途轍もない長い距離、長い時間、いろんなことを考えながら身体を動かしていた。十分すぎる時間がある。

レースを振り返ると、、、
SWIMは完走目的でバトルを避けつつ(それでも接触はたくさんあるけど)無難にキックを打たず脚を酷使せずに1:20:00くらいで。ロング未経験の甘さを露呈したのが得意のBIKEパート。75km地点で身体全体が痺れ、力が入らなくなる深刻な体調不良に陥った。BIKEパートはほぼ雨どおし。強雨に風も強かった。好天予報だったのでウィンドブレーカーの用意もなく、脚をとめても70km/hはでてしまうような下りでがくがく震えながら走っていたところやられてしまった。
RUNのこともあるし、BIKEで補給食を摂っておかなければ深刻なハンガーノックになってしまう。それがわかるから無理やり食べるものの身体が拒否しているのか、すべて吐きもどしてしまうことを繰り返すかなりきびしい状態だった。

過去最大のピンチだった。正直言って勇気をもってやめなければいけない状況だったかもしれない。
手がしびれた状態のダウンヒルでブレーキがかけられなかったら死んでしまう。家族まで連れてきてやめるわけにはいかないという思いや、いままで積んできたトレーニングや自分自身を否定してしまうことはしたくないという思いでへろへろになりながら走り続けた。とにかくいろんなことを考えながら走っていた。トライアスリートは鉄人というより心の哲人なんだと白戸太郎さんが言っていたけど本当にそのとおりだと思う。

しょせんは余暇。趣味でここまでやる必要あんのか?と自問自答しながらも、絶対に無理と思っていたIronmanのFinishが一歩一歩近づくたびに勇気がわいた。家族に強い父親の姿を見せたかったし、なによりいままでも無理だと思うことをいろいろ乗り切ってきたじゃないかとひたすら自分を鼓舞して走り続けた。

感動のゴールは娘を抱いて一緒に。Ironmanは競技性が強いので通常認められている同伴ゴールがダメだということだったのだけどねw
決して絶好調のゴールではないけど、それでも憧れのIronmanに僕はなったんだ。自分をほめてあげよう。
娘が誕生したときでも泣かなかったのに、感謝や誇りやいろいろまぜこぜでなんだか涙が出た。このときのことを娘が覚えていることはないだろうけど、写真が撮れてよかった。
ironmanfinish2.jpg



ゴール地点では1人1人のIronmanの名前がコールされ、白戸太郎さんは16時間58分ゴール(制限時間2分前!)の最終走者まで全員を迎えたとか。あの強雨の中をずっと支えてくれたボランティアの方々やスタッフの皆さんには感謝してもしきれない。自分の部屋からFINISH地点が見える。湖畔のRUNコースはそれこそ脚元もみえないほどに真っ暗だ。夜は気温も一段と下がる。本当に過酷なIronmanに挑むすべての人たちに拍手とエールを送りたい気分だった。



憧れというか、夢が現実になった今、次はなにを目標にしよう?

そうそう、Ironman翌日、Ironkidsという子ども向けのアクアスロンの大会を開催していて、自分の娘にもぜひIronkidsに出場させたいなあと思いました。家族で一緒に旅をしながらトライアスロンに取り組めたらいいよなあと新たな夢ができました。

スポーツは見る、する、支える、いろんな取り組み方があるけど、そろそろ自分は支えるほうに力を注いでいこうと思います。トライアスロンだけじゃないけどスポーツ振興を業とするものとして少しでもお役にたてるように自分の経験が活かせればいいなあ。

もちろん自分のトレーニングもこなしていきますよ!
いよいよグランドスラムにリーチがかかったウルトラ100kmのサブテンは絶対に成し遂げたいし、トライアスロンは生涯かけて取り組んでいきたいと思っています。60代でも僕より速い人がいるんだから、まだまだ僕も速くなれるはずだよね!本当に奥深く、すばらしいスポーツに出会えて自分は幸せ者だと思います。

僕でもなれたんだから、Ironmanは誰でもなれる!
正しい努力は必ず実を結ぶと思います。


スポンサーサイト

テーマ : トライアスロン
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

おめでとうございます

本当にすばらしいです。
初めてお会いした十五合でおそらくアイアンマンレースが目標というようなことを語っていたと思いますが、当時は私はそれがどんなすごことなのか分かってませんでした。

本当にすごいことを成し遂げましたね!!
おめでとうございます。

コメントありがとうございます!

>サイさん
ありがとうございます^_^
サイさんも練習すごく頑張っていらっしゃるようで、いい刺激をいただいてます。
少し休みますがまたヒルクライムにも復活しますのでぜひまたご一緒させてくださいね!



> 本当にすばらしいです。
> 初めてお会いした十五合でおそらくアイアンマンレースが目標というようなことを語っていたと思いますが、当時は私はそれがどんなすごことなのか分かってませんでした。
>
> 本当にすごいことを成し遂げましたね!!
> おめでとうございます。
プロフィール

PMA

Author:PMA
I am an Ironman!
LOVE 茅ヶ崎 MINI

トレーニング指導士、ジョギングインストラクター
Twitter @PMA_bearbell

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
多機能カテゴリー
<< 全タイトルを表示 >>
リンク
★超便利★ブックマーク登録
Yahoo!に追加
Googleに追加
livedoorClipに追加
♥. ♠. ♣Alice
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。